教員のみなさんへ

 日本社会事業大学では、聴覚障害学生の学びを保障するとともに、聴覚障害学生を受け持つ教員が、円滑に授業や指導を行うサポートの一環として、手話通訳・パソコンテイク・ノートテイク・音声認識システムを用いた文字通訳などの情報保障支援者(通訳者)を必要な場面に配置しています。 その他、下記のようなサポートを行っています。お気軽に聴覚障害学生支援プロジェクト室までお問い合わせください。

教員に対するサポート

  • 聴覚障害学生を受け持つ際の支援方法や配慮について助言
  • 聴覚障害学生に個別指導や相談等を実施する際の通訳者派遣
  • ビデオなどに字幕がない場合の文字起こしの実施 ※くわしくはこちら
  • 聴覚障害学生にアクセス可能な教材・資料作成のアドバイス
  • 通訳者・支援者との連携の確立を図るサポート
  • 聴覚障害学生支援に関する情報の提供

教員の方に留意していただきたいこと

1. 教員・通訳者・聴覚障害学生は「チーム」です

 教員・通訳者・聴覚障害学生はチームです。通訳者のみが情報を伝える責務を負うのではありません。教員は聴覚障害学生の特性に配慮しながら、通訳者と連携して授業を十分に伝えられるよう努力します。聴覚障害学生は、自分に合った配慮について教員と話し合い、また通訳者に対しては伝わりにくかった点や好みの通訳スタイルについてフィードバックを行います。

 聴覚障害学生が他の学生と同等の情報を得ることのできる環境を整えていくためには、三者が「チーム」となって動かなければなりません。

2.  質の高い支援のためには、教員と通訳者との綿密な連携が不可欠です

 大学・大学院の講義における通訳では、初めて聞く専門用語や一般的になじみのない話題に即座に対応しなければならない点で、非常に高度なスキルが要求されます。 教員はその学問分野での専門家であり、学生もその分野で入学以後継続的に学んでいるという意味では同様です。一方で通訳者は、特定の学術分野ではなく幅広い場面で通訳を行うことを業務としています。また、必ずしも固定で同じ講義を担当するとも限らず、毎週通訳担当者が代わる場合も多いです。そのため、背景となる情報やその場で前提となる知識に「ズレ」が生じることも多く、これが大学レベルでの通訳が高度で、ときに困難を伴う一因です。

 教員が通訳者と積極的に協力・連携をして、この「ズレ」をいかに少なくすることができるかが、大学での通訳のポイントです。この連携体制がどれほど構築できるかによって、聴覚障害学生に伝達される情報の質が大きく左右されます。聴覚障害学生を十分に教育するには、情報の伝達を通訳者に任せるのではなく、教員が通訳者を最大限に生かしていくという考えが不可欠です。具体的な連携方法はこちらをご覧ください。

3. 通訳者は専門職です

 通訳者には専門職として倫理規範の遵守が求められています。たとえば、授業で知りえた情報の口外や資料の二次使用などは固く禁じられておりますので、ご安心ください。また、支援者の立場を逸脱した行為も禁じられていますので、通訳以外のことを依頼しないようにしてください。