聴覚障害学生支援プロジェクト室 概要

日本社会事業大学では、「指導的社会福祉従事者の養成」の教育目標に鑑み、ろう・難聴学生に対しても健聴の学生と同等の教育を行い、同等の基準で評価を行っています。聴覚障害学生支援プロジェクト室では、これを行うために必要な支援の提供や、様々な調整を行っています。

 

 聴覚障害学生に対するサポート

    • 支援を利用のためのガイダンスの実施
    • 入学式・オリエンテーションなど大学行事での情報保障の実施
    • 授業での情報保障の実施
      • ノートテイク
      • パソコンテイク
      • 手話通訳
      • 音声認識による文字通訳など
    • 円滑な支援実施のための教員との各種調整
    • 聴覚障害学生が支援について教員と話し合う際の仲介
    • 各種相談対応
    • 聴覚障害学生に関係する情報の提供

教職員に対するサポート

    • 聴覚障害学生を受け持つ際の支援方法や配慮について助言
    • 聴覚障害学生に個別指導や相談等を実施する際の通訳者派遣
    • 映像教材の文字起こしの実施
    • アクセシブルな教材・資料作成のアドバイス
    • 通訳者・支援者との連携の確立を図る際のサポート
    • 大学行事に通訳を用意する際の方法等の助言
    • 聴覚障害学生支援に関する情報の提供

支援者に対するサポート

    • 支援者としての活動する際の研修・講座の実施
    • 支援者として活動している学生へのフォローアップ研修の実施
    • 各種相談対応
    • 聴覚障害学生支援に関する情報の提供