前期講義開始前の顔合わせ

円滑な支援のためには、聴覚障害学生と支援者が活動ルールやマナーの共有をすることが欠かせません。そこで、新年度の講義開始前に、聴覚障害学生、支援者、コーディネーターでの顔合わせを行いました。25名以上の学生が参加し、ノートテイク、PCテイク、手話通訳、遠隔PC支援、それぞれの支援について手順や、ルール・マナーについて確認しました。支援当日のトラブルについて迅速に対応できるように連絡方法についても共通認識を図りました。


この記事のリンク | カテゴリ: 未分類