音声認識技術を使った支援

日本社会事業大学では、現在、聴覚障害学生への情報保障としてノートテイク・PC通訳・手話通訳による情報保障を行っています。今後より良い支援を行っていくため、音声認識ソフトを使った支援を検討しています。

今回は、学生にこうしたソフトを使用し、実際に字幕を作成するスキルを身につけてもらおうと、筑波技術大学障害者高等教育研究支援センターの三好茂樹准教授と白澤麻弓准教授をお招きし、トレーニングを行いました。まず、パソコン上で音声認識ソフトを起動し、専用のマイクで簡単な文書を読みあげて文字化し、自分の発話音声に問題がないかチェックをしました。個々人で発声に癖があるので、自分の声を客観的に見直しました。また、ソフトは発声者の声の特徴をつかんで認識しやすくさせる機能が付属しているので、何度か読み上げて自分の声を登録しました。

聴覚障害学生支援プロジェクト室では、今後もより良い支援を求めて試行錯誤を重ねていきます。


この記事のリンク | カテゴリ: 未分類