手話教室

以前から聴覚障害学生とコミュニケーションを取るため、手話を学びたいという要望がありました。また、聴覚障害学生支援プロジェクト室の担当者はろう者です。そのため、他大学以上に、支援者として関わる学生は手話が必要になるかもしれません。こうした経緯から、手話教室を開催しました。
今回の講師は、当プロジェクト室の研究員でもある吉川あゆみさん(ろう者)。吉川さんと目と目を合わせ意思疎通を図りながら、とても和気藹々と手話に触れていました。吉川さんは一人一人の手話の動きや顔の表情にも目をやり、手話の形が生まれた語源なども説明されていました。

学生からの感想、
Fさん「先生が優しくて楽しかったです。」
Nさん「名前を覚えることができて、これからもっと勉強したいと思いました。」
Sさん「ゲーム感覚で色々な名字を覚えられて楽しかったです。」

今後も定期的に手話教室を開いていきます。


この記事のリンク | カテゴリ: 未分類